介護福祉士の資格保有者が現場で求められる傾向が見受けられる影響や、介護施設におけるサービスの品質向上が目指されている状況があることから、介護福祉士の資格を取得する際に支援制度を利用できる職場も増えています。必要な時間数の研修を受講なければ受験する資格が得られないため、忙しい仕事の時間の合間を縫って研修に通うことが必要です。
支援制度を利用すると研修のための時間を確保しやすかったり、受講のために必要な費用の一部を補助してくれたりします。このような支援制度を活用して、介護福祉士の資格を取得している人も増えてきました。仕事と勉強を両立しやすくなるため、安定した収入を得ながらキャリアアップを狙える制度として魅力があるのです。

 無事に資格を取得して職場に戻ってくると、それ以前との状況の違いに驚く人もいます。介護福祉士になって総合的に能力が向上していると判断され、より責任のある仕事に従事するケースが増えるのです。他の介護職員の教育を担う場面が増えたり、対応が難しい高齢者のケアを任されたり、現場監督としてマネジメントを行うようになったりして働き方に変化が生じています。

 資格の取得に際して支援制度を利用した場合には、取得後の一定の期間は働き続けることが求められているのが一般的です。職場側としては支援した分を重要な仕事を課すことによって取り返すのを目的としていますが、結果として資格を取得した人もやりがいを持って働いている傾向があるようです。